今年6月の外構工事で作ってもらった芝生エリア。
ほぼ2カ月放置してしまい、さすがにメンテしなければ・・・ってことで。
IMG_2289


↓こちらが6月の施工当時の状態。
BlogPaint


このモフモフした感じも嫌いじゃないけど。
IMG_2714
芝に良くないので刈りましょう・・・。


2か月放置の原因は、刈るのが面倒とかではなくて芝刈り用の道具を購入するのに時間がかかっていたため。
どんなマシンで芝生を刈るのか迷っていたのがおもな理由。
色んなメーカーの色んな値段のものがあり、1カ月くらい考えていました。


まず、我が家の場合は芝刈りと言っても面積が小さいのでバリカンで十分。
で、芝生バリカンを検索すると¥3,000~15,000くらいまで価格幅があります。

レビューを読むと、切れる/切れない、すぐ壊れる/壊れない、軽い/重い、などなど評価のポイントは様々。

この商品の性質上、たかがバリカンとは言え「動く刃物」である上に「分解したりパーツ交換できる」ような機構を持ったものなので、あんまり粗雑なものはリスクあるなぁと。

安全性を考えると、老舗のBOSCHかマキタ。
この2社の商品はお値段もそれなりで8,000円以上~。


今回は国産のマキタ製芝生バリカンを購入。



IMG_2737

↓付属品のコードリード。腰に装着してコード切らないようにするやつ。
IMG_2741


ちなみに、芝生のすぐ近くにコンセントがあるのでコード式にしました。
IMG_2736p
コードレス方式はバッテリー+充電器のお値段がそれなりなのと、バッテリーの分重量が増えるかと思われます。


ブレード周りのグラスレシーバー(ゴミ受け)が旧来より容量UPらしい。
IMG_2735
もちろん刈った芝を全部受け止めるはずもなく。そこそこ集めてくれるので無いよりはいいが期待してはいけない。


今日はささっと刈って15分くらいで終了。
2か月間放置により丈が伸びきった芝だったので、軸刈り(茎切り)にならないよう長めに残した。
IMG_2729


よく斬れるし、キワ刈りガイドも便利。(でも本当に際どいところはハサミを使った)
IMG_2731
刈った後の掃き掃除とか、ブレード分解してカバー洗ったりとかの方が時間を使った。

夕方に芝生用の液肥をまいて今日のメンテナンスは終了。